最近話題のフコイダンとは何でしょうか

昆布やワカメ、もずくなどの海藻類は、ねばねばしています。
フコースという糖を主成分とした多糖類です。


この海藻の表面をおおって、海藻の表面を守っているのが、フコイダンという成分です。

フコイダンは、現在のような、抗がん効果などが言われる以前から、洗顔料の成分などでは古くから使われてきました。

さらに、最近の研究では、このねばねば成分であるフコイダンには、免疫活性効果や、抗アレルギー作用などの働きがあることが分かってきました。

研究の結果、これらの働きの中心となっているのが、フコイダンの中の硫酸基だということも判明しています。



具体的にみてみましょう。



免疫活性効果においては、具体的にいえば、ナチュラルキラー細胞を活性化することが分かっています。ナチュラルキラー細胞は、通常、NK細胞と表記され、ウィルスやがん細胞に感染した細胞を標的にする免疫細胞です。
また、インフルエンザウィルスなどに対して、抗体を作る働きを促進する機能がフコイダンにあるということも分かってきました。

また、花粉アレルギー、いわゆる花粉症や鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる働きももっています。



さらに、ねばねばが海藻の表面を激しい潮の流れや外的からの刺激から保護しているように、そのねばねばが胃の粘膜を保護することで、胃潰瘍や胃がんの原因とされるピロリ菌の感染を抑える働きがあるという報告もあります。水溶性食物繊維としてのフコイダンは、腸内で水分を吸収して余分なコレステロールや糖分を吸着し、体外へ排出する働きももっており、そこから整腸効果や肝機能の向上が期待されています。

さて、このように現代人には特に必要なフコイダンの性質ですが、日常の食事の中で簡単に摂取しやすい点はうれしいことです。
フコイダンは熱に強く、調理の過程でその効果がなくなってしまうことはありません。

また、酢と併用することで、フコイダンの成分が摂取しやすくなることが知られています。